Praná Assisted Living

2012 – León, MX

企画 : Carlos Cabrera
隊員 : Mariana Bracamontes, Mariana Hernández

このプロジェクトについて

種類 : 介護付きホーム
面積 : +14,000 m²

プロジェクトのコンセプトは、「アシスティッドリビングセンターの認識をどのように変えることができるか」という質問から生まれました。

すべての生き物と人間が生まれ、私たちは自然界のダイナミックなプロセスと現象の中に存在しています。自然のすべての形態には「建築」があります。これは、空間と時間における物質の配置であり、その形状、サイズ、行動、持続時間、およびそれらがどのようになってきたかを決定します。

円は完全性と全体性を表しています。円は永遠と団結の象徴として使われてきました。始まりも終わりもなく、常に同じポイントに戻るので、永遠のように。さらに、すべてが含まれているため、特に中心が存在する場合は、Unityのシンボルでもあります。

「FlowerofLife」は、すべての生物が旅を始める有糸分裂の過程を表す幾何学的図形に付けられた名前です。

「サークル」と「フラワーオブライフ」を備えたプラナアシスティッドリビングセンターは、その「ブレスオブライフ」を住民に還元し、環境や住民と調和した充実した生活を送れるようにしています。